収納・建具・間仕切り - リフォームサービスと施工事例

和室を活用する収納たっぷり、広々リビングの実現

リフォーム内容 間仕切り造作工事、畳下収納工事、建具工事、クロス工事、フローリング工事、カーペット工事
建物種別 マンション築20年
リフォーム工期 2週間
リフォーム費用 300万円
間取り 3LDK
リフォーム面積 73 m²
家族構成 4人

お客様の「お悩み&ご要望」

御社のHPに掲載されていた施工例の和室の畳下に収納を作って欲しい。賃貸にしていた所有マンションを奇麗にして欲しい。

リフォームのポイント

  • 押入れ床下の収納
  • リビング側から見た和室
  • 障子を閉めることで雰囲気が変わります

間仕切りを工夫して解放感を出し、床下収納を設けてお部屋全体の収納力アップのご提案

リビングに接している和室の間仕切り壁を取り払い、障子戸にします。障子戸は開けても閉めてもリビングとの開放的な一体感を得ることができます。また和室の床を上げ床畳にして、その下に収納を設け、お部屋全体の収納力をアップさせます。

和室の畳下に収納を可能な限り設けたことと、それによって圧迫感を感じない様に2壁面を障子戸にして開放的な和空間を演出したことがポイントです。

使用したメーカー商品

  • TOTO:
  • リクシル:
  • シンコール:
  • サンゲツ:
  • パナソニック電工:
  • 大建工業:

お客様の声

新築のようになり感激です。

和室の畳下収納が大容量なので感激しています。ここには読まない本や、アルバム、季節物や衣類などを収納するつもりです。沢山入りそうです。それと家具の置き場所にフローリングを敷いたのがとても気に入っています。家具は安定しますし、全体のカーペット敷きとのコンビネーションがおしゃれな感じです。20年前のマンションなので全面改装してもどの程度まで奇麗になるものなのか想像も付きませんでしたが部屋全体のインテリアのコーディネイトも最新で新築マンションの様になりました。感激です。ありがとうございました。

K'sからコメント

リフォームいただきありがとうございます。畳下収納を設置すると上げ床になります(30センチ程度)しかしこの上げ床がとても使い勝手がよくなります。リビングから和室に椅子代わりに腰を下ろすことができますし、畳に膝を折り曲げず、そのまま寝ころぶこともできます。また壁を2方取り払い開放的にしましたが障子戸を入れプライベートも守れるようになっております。新しくそして機能的になったお部屋で快適な新生活をお送りください。
これからも心地よいリフォームをカタチにいたします。 ありがとうございます!

一覧に戻る