ココラボ ブログ

解決!今月のお悩み相談室

「リフォームに関するお悩み」から「日々の解決できない暮らしのお悩み」まで、実際の「お悩みの声」を、住まいと暮らしのプロが解決アドバイス!

20年前のトイレから水漏れが起こりました。

トイレが水漏れ
お問合せいただきありがとうございます。ケイズグッドリフォームです。
【トイレの水漏れ】のお悩みをご相談いただきました。


「トイレのタンク後ろ側から洗浄レバーをひねると水漏れが起こりました。 毎回流すたびに水漏れを起こします。
20年以上使っているトイレですが、修理は可能でしょうか。替え時なのでしょうか?」


事例から申し上げますと、ほとんどの場合に以下のことが原因です。

  • タンクと接合している便器側部分のひび割れ
  • タンクと便器の接合部分のゴムパッキンの劣化(密結パッキン)

 

部品の寿命

便器につながる部品やパッキン類の寿命は約20年、タンク内の部品の寿命は10年が目安です。
1カ所でゴムパッキンが劣化していると他の部分でも考えられますので、業者さんにしっかりとした点検をお願いしましょう。
また便器の替え時は20年が目安です。

 

古いトイレと最新トイレの比較

20年前と最新の便器を比較しますと、比べ物にならないほど便器は進化しています。
大きな違いのポイントをまとめました。

【洗浄強化でお掃除が楽】
従来型は、フチ裏の数カ所の穴から水が流れ汚れを落としていましたが、洗浄力に欠けボウルに汚物が付着していました。
最新の便器は力強く渦を巻くようなトルネード水流で、汚れやすい部分もしっかり洗浄(トルネード洗浄)できます。
少ない水でもしっかり効率よく汚れをしっかりと洗い流しますので、お掃除も楽になりますね。

【超節水で水道代が軽減】
古いトイレは意外に水道代がかかっていることをご存知ですか。

●従来のトイレ
・標準洗浄水量は13ℓ
・年間水道使用料金は、約20,100円

●最新のトイレ
・標準洗浄水量は大便4.8ℓ 小便 3.6ℓ
・年間水道使用料金は、約5,900円(超節水タイプの壁排水) 以上のことから、 最新の便器は洗浄力が強力なのに、水道代が71%ほど削減されて14,200円のお得です。
お風呂で申し上げますと、240ℓのお風呂の浴槽なら年間236杯分の節水だそうです。

 

まとめ

今回は【トイレの水漏れ】についてお悩みをご相談いただきました。
便器や使用されている部品には寿命があり、破損や劣化が原因で水漏れを起こす原因にもなりかねません。
最新のトイレはやはりお掃除しやすく、節水・節電など機能性に優れてますので、 この機会にイニシャルコスト(設備)とランニングコスト(水道光熱費)を考えてみてはいかがでしょうか。

トイレのお悩み事がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。

参考toto

Top